居宅介護支援事業

居宅介護支援事業の目的

居宅介護支援事業

当事業所の介護支援専門員が要介護状態、要支援状態にある高齢者に対して可能な限り居宅において、その人の能力に応じて自立した日常生活がおくれるよう適切な居宅介護支援を行うことを目的とします。


居宅介護支援事業の内容

要介護認定の申請代行

65歳以上の方で自立した生活が困難になってきている方、もしくは40歳以上~65歳未満の方で特定疾患の方(詳しくは事業所へお尋ねくださしい)で介護保険のサービスをご希望であれば、ご家族に代わってケアマネージャーが要介護認定の申請を代行いたします。

ケアプラン作成

在宅での生活を自立して行えるよう、ご本人の心身の状況に応じた適切な居宅サービス計画(ケアプラン)をケアマネジャー(介護支援専門員)がご自宅に訪問し作成します。

ご利用サービスの円滑な実行のための連絡・調節

ご利用の在宅サービス(訪問リハビリテーション、通所リハビリテーション、デイサービス等)事業所との連絡・調整を行います。

介護の方法、介護の悩みの相談

理学療法士や介護福祉士などの国家資格を有するケアマネジャーや当院スタッフが、在宅で困っていることの対応策などをご指導させていただきます。

居宅サービス利用時の苦情等の受付け

より快適な在宅サービスが提供できるよう頑張っていきます。苦情だけでなく気になることなどなんでもご連絡ください。

ページトップへ